連結納税制度(consolidated tax payment system)

法人保険用語辞典

連結納税制度(consolidated tax payment system)

連結納税制度(consolidated tax payment system)とは

米国の制度で連結決算に基づいて税金を申告、納税する方式。米国では、第1次世界大戦に際して戦費の調達に超過利得税を採用したが、累進税率に悩む企業側は所得を細分化して低い税率の適用を受けることをはかり、企業を分割して企業グループ全体として節税をめざす動きが強まった。このため、税収は予想のように得られなくなったので、政府は企業分割しない状態で累進税率を適用することをねらい、企業グループとして連結決算による申告を行わせることとした。このように、米国の連結納税制度は税当局と納税側との“知恵比べ”の産物である。わが国でも連結決算制度の導入に伴い、連結納税制度の採用が課題となっている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。