連結決算(consolidated accounting)

法人保険用語辞典

連結決算(consolidated accounting)

連結決算(consolidated accounting)とは

親会社、子会社、関連会社の財務内容を結合した決算のこと。決算内容は、連結財務諸表の形で公開する。決算の連結方法は2通りある。

①連結法。出資比率50%超の子会社、親会社と子会社の合計で50%超の株式を保有している孫会社は連結対象とする。資産、負債、利益、費用のすべてを合算、親子会社間取引による売掛金、買掛金を相殺する。

②持ち分法。出資比率の20%~50%の関連会社と非連結子会社が対象。親会社の貸借対照表、損益計算書に子会社の株式および利益剰余金を計上することにより、子会社の損益のみを取り込む。2000年3月からは「実質支配力基準」を導入、役員派遣など経営への支配力や影響力を加味して連結する企業の葉にを広げる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。