連単倍率

法人保険用語辞典

連単倍率

連単倍率とは

連結決算上の利益が親会社だけの決算利益の何倍になるかを示す比率。連単倍率が高いほど、企業グループを構成する子会社の貢献度が高いことを意味し、企業グループによる経営活動の有効性を測る物差しとして利用される。一般に1倍を超えれば連結子会社の合計利益が親会社の利益を上回っていることを指す。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。