退職給付会計

法人保険用語辞典

退職給付会計

退職給付会計とは

退職一時金と企業年金による年金給付とを包括して、退職給付(従業員が退職後に支給される給付)として処理する会計。退職給付の会計は「退職給付に係る会計基準」の設定に伴って一新した。企業は現在、在職している従業員に対して、将来、従業員の退職後に支払う退職給付を計算するわけであるが、これを退職給付見込額という。退職給付見込額は将来分も含むが、うち当期末までに実際に発生している額を退職給付債務という。また、退職給付債務のうち当期中に生じた分を退職給付費用という。うち退職給付費用は、勤務費用、利息費用、償却費用(過去勤務債務・数理計算上の差異・会計基準変更時の差異などの償却費用)の合計から期待運用収益を差し引いて得られる。このような退職給付を支払うために企業は、あらかじめ資金を用意する。まず企業は、期中に発生した退職給付費用に見合った金額を年金基金(企業とは別の組織)に支払って積立てる。次に年金基金はこの資金を信託銀行や生命保険会社などに預けて年金資産として運用する。企業は、退職者が生じる度に年金資産から退職給付を支出する。実際に大切なのは、退職給付債務と年金資産とのバランスである。通常は、退職給付債務の方が年金資産よりも多い。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。