超過累進制準備率制度

法人保険用語辞典

超過累進制準備率制度

超過累進制準備率制度とは

準備預金制度における準備率の適用に際し、預金量が一定額を超えるごとに、その超過分に対して段階的に効率の準備率を適用するやり方。日本の場合、以前は預金量が一定額を超えた金融機関は、その預金全体に一段高率の準備率が適用される単純累進制を採用していたが、これでは預金量が一定額を超えるや否や、一挙に準備預金負担がか高まるという問題があったため、1986年7月以降、国内円預金について超過累進制が導入されている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。