赤字主体(deficit unit)

法人保険用語辞典

赤字主体(deficit unit)

赤字主体(deficit unit)とは

ある一定期間内の財・サービスに対する支出が収入を上回る経済主体を指し、資本不足主体、投資(超過)主体ともいう。赤字主体は、将来における収入・支出パターンを予想して、将来の購買力と引き換えに現在の購買力を享受する形で資金を調達しているといえる。赤字主体は資金の最終的借り手にほかならない。赤字主体・黒字主体の資金調達および運用の状況は、日本銀行が発表する「資金循環勘定」により知ることができる。

日本では、これまで企業部門が赤字主体の典型であったが、1994年には統計作成開始(54年)以来、初めて黒字主体に転じたため、国内部門では公共部門が唯一の赤字主体となった。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。