資金需給

法人保険用語辞典

資金需給

資金需給とは

広義には、金融市場における資金の需要と供給の関係をいうが、通常は、インターバンク市場における資金過不足の状況を指す用語として用いられることが多い。インターバンク市場では、基本的には受け手・払い手共に市場参加者であるため、各銀行間の取引は市場全体としてみれば資金過不足には中立的であり、資金過不足が発生するのは、①銀行券の引き出し・還流、および、②財政資金の受け超・払い超により、資金が銀行システム外に流出(ないしシステム外から流入)する場合に限られる。このため、銀行券の発行超および財政資金対民間収支の揚げ超は資金不足要因、逆は資金余剰要因といわれる。

日本銀行は、こうした日々の資金過不足を均して、インターバンク市場金利が過度に変動しないよう、自らの銀行部門に対する資金供給調整を行っており、これが金融調節である。日々の資金需給の状況は、「資金需給実績」として、日本銀行により毎日発表されている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。