資本装備率(capital equipment ratio)

法人保険用語辞典

資本装備率(capital equipment ratio)

資本装備率(capital equipment ratio)とは

正確には労働の資本装備率である。労働装備率ともいう。労働使用量Lに対する資本使用量Cの比率(C/L)ともいわれているが、具体的にいえば、常用労働者1人当たりの資本設備額(有形固定資産)である。鉄鋼業や化学工業などの重化学工業は一般に装備率が高く、資本集約的産業と呼んでいるが、繊維工業などの軽工業、陶磁器製造業、建設業など比較的、機械化の遅れた部門では装備率が低く、労働集約的産業である。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。