資本取引(transaction of capital)

法人保険用語辞典

資本取引(transaction of capital)

資本取引(transaction of capital)とは

企業の資本金および資本剰余金についての増加・減少あるいは修正・変動に関する取引をいう。損益取引と明確に区別することが必要とされている。

資本取引の内容は、①資本の増減、②贈与、③資本の修正、に区分される。①資本増減の例としては増資、減資、合併などによる資本金・資本剰余金の変動があげられ、②贈与の例として国庫補助金、工事負担金、債務免除益、資産受贈益など、③資本修正はインフレーションの進展に伴って貨幣価値が下落し、これに伴う影響を修正するために行われる資産再評価による評価益のほか保険差益があげられている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。