資本取引と損益取引との区分の原則

法人保険用語辞典

資本取引と損益取引との区分の原則

資本取引と損益取引との区分の原則とは

「企業会計原則」の一般原則の一つ。資本取引と損益取引とを明瞭に区別し、とくに資本剰余金と利益剰余金とを混同してはならないと規定している。資本取引と損益取引とは性格が異なっており、これを区別するのは当然であるが、仮に区別しないとした場合には企業の財政状態、経営成績は深刻は影響を受け、企業会計は混乱を招くことになる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。