買い手集中度

法人保険用語辞典

買い手集中度

買い手集中度とは

製品やサービスの需要者、つまり買い手が市場でどれだけの影響力を持っているかの度合いを示したもの。これには、需要寡占と双方寡占の2つがある。需要寡占は売り手が多数、市場が小規模の場合に見られるもので、製品やサービスの価格は買い手の意向に左右されることが多い。一方、双方寡占は、売り手、買い手ともに集中度が高い生産財市場とか大規模な販売業者に売られる消費財に見られるもので、双方の価格支配力は相殺されるが完全競争とはならず、相対的に強いものが支配力を握る。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。