財政資金対処民間収支

法人保険用語辞典

財政資金対処民間収支

財政資金対処民間収支とは

国の予算執行等の財政活動に伴って生ずる国庫と民間との間の資金収支。基本的には日銀に置かれている政府当座預金の対民間受払額でとらえられるが、実際の収支統計では日銀代理店預けの増減や輸・開銀の収支等も含めている。財政資金対民間収支では、国庫からみて収入超の場合を揚(受)超と呼び、逆の場合を散(払)超という。揚超は金融市場での資金不足要因、散超は資金余剰要因となる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。