財投金利

法人保険用語辞典

財投金利

財投金利とは

財政投融資資金の調達から運用に至る各段階で付される金利の総称。具体的には、①郵貯金利(市場金利を勘案して郵政大臣が決定)、②郵貯・厚生年金資金等を資金運用部へ預託する時の預託金利(いわゆる「財投預託金利」、資金運用審議会の審議に基づき政令で決定)、③財投機関(政府金融機関等)に対する運用部の貸付金利(いわゆる「財投貸付金利」、資金運用審議会の審議に基づき大蔵大臣が決定)、および④政府金融機関の法・個人等向け貸付金利(各機関の業務方法書ないし政令で決定)の4種類がある。これらには必ずしも明確な金利設定ルールがあるわけではないが、このう④は長期プライムレートに連動し、②、③は国債の金利等の市場金利を考慮して決定されている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。