財形保険

法人保険用語辞典

財形保険

財形保険とは

財形制度の下で勤労者の財産形成援助のために作られた保険。

現在、生命保険では以下の6種類がある。
①財形貯蓄積立保険
②財形給付金保険
③財形基金保険
④財形年金保険
⑤財形年金積立保険
⑥財形住宅貯蓄積立保険

損害保険では以下の5種類がある。
①財形貯蓄傷害保険
②財形給付傷害保険
③財形基金傷害保険
④財形年金傷害保険
⑤財形住宅傷害保険

財形制度は勤労者の財産形成を促進するため国や事業主が援助する制度で、昭和46年制定の財形法(勤労者財産形成促進法)に基づくものである。昭和50年6月に財形法の一部改正があり、生命保険も財形貯蓄の対象に加えられ昭和50年8月から財形保険が発売された。また損害保険は昭和62年9月の財形法一部改正により、昭和63年4月から販売されている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。