誠実義務(ベストアドバイス義務)

法人保険用語辞典

誠実義務(ベストアドバイス義務)

誠実義務(ベストアドバイス義務)とは

保険仲立人に求められる特有の法律上の義務で、顧客のため誠実に保険契約の締結の媒介を行わなければならないとする義務(保険業法第299条)。保険仲立人は保険会社と保険契約者の間で中立的な立場で保険契約の締結の媒介を行う者であるが、媒介の委託をするのは保険契約者側であり、保険仲立人は直接委託を受けた保険契約者の利益を損なうような媒介行為は許されず、そのニーズに最適な保険をアドバイスする義務を負っている。このため保険仲立人に誠実義務(ベストアドバイス義務)を課し、保険契約者の利益の保護を図っている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。