証書貸付

法人保険用語辞典

証書貸付

証書貸付とは

金融機関が行う資金貸出方式の一種で、貸付先から借用証書を徴収する。主として不動産担保付の設備資金貸付、地方公共団体向け貸付、住宅ローンなど長期的な貸付を行う場合に利用され、担保の設定、元利の支払方法などが明確に規定される。

証書貸付は、手形貸付と本質的に異なるものではなく、いずれも法律的には金銭消費貸借契約であるが、証書貸付では、手形債権が原因債権と併存するわけではないから、貸し主にとっては不利であるといえる。また、証書貸付では、紛争処理の手段として手形訴訟制度を利用できず、訴訟が長引く点、再割引や担保として証書を利用できない点なども、貸し主にとっては不利である。そのため証書貸付でも、貸付先から単名手形を差し入れさせる場合がある。これを手形併用証書貸付といい、実質的には手形貸付と同じことになる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。