証券現法

法人保険用語辞典

証券現法

証券現法とは

海外で証券の売買仲介や引き受けなど証券業務を営む本邦銀行系の現地法人のこと。

日本では証券取引法に基づき銀行の証券業務は大幅に規制されているが、ユーロ市場などその規制がないところ、あるいは最近の米国のように規制が緩和されつつあるところでの活動を拡大するため、1970年代になって支店に比べ制約の少ない現地法人の設立が行われるようになった。ただ証券現法による日本企業の外債発行に係わる幹事業務については、75年のいわゆる三局合意によって銀行系証券現法により証券系の現法を上位に置くという取り決めがなされていた(93年以降、漸次撤廃)。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。