証券取引所取引(transactions on securities exchanges)

法人保険用語辞典

証券取引所取引(transactions on securities exchanges)

証券取引所取引(transactions on securities exchanges)とは

証券取引所で行われる取引。

有価証券取引のもう1つの形態である店頭取引と比較して、証券取引所取引は、
①証券取引所の立会時間に、競争売買の原則に従って集団的に売買が行われること
②成立した価格が公示価格として公表されること
③売買の参加者は証券取引所の会員証券会社に限られること
④売買の対象は証券取引所が定めた基準を満たした上場証券に限られること

――などの点に特徴がある。

日本の場合、証券取引所取引の対象となっているのは、株式、公社債(転換社債、ワラント債も含む)のほか、国債先物(長期、超長期)、株価指数先物、株価指数オプション、債券先物オプション等である。なお、上場株式については市場集中義務があり、取引はすべて証券取引所取引でなければならないとされているが、大口取引やバスケット取引の実行には不便なことから、現在その見直しが進められている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。