規模の経済性(economies of scale)

法人保険用語辞典

規模の経済性(economies of scale)

規模の経済性(economies of scale)とは

規模の利益ともいう。企業規模が拡大するにつれて、生産物の単位当たりのコストが逓減するという。規模の利益には、工場規模の利益と企業規模の利益とがある。工場規模の利益は、規模拡大によって労働力、資本設備等が専門化され、労働力の質の向上が図られることによって実現する。しかし、これは無限に続くのではなく、一定規模に達すると単位生産費は変化しなくなる。その点が最適工場規模となる。一方、企業規模の利益は原材料大量購入による利益、保管、物流費用の逓減、広告宣伝費、販売費および一般管理費、研究費が逓減することをいう。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。