見なし配当

法人保険用語辞典

見なし配当

見なし配当とは

法人が利益積立金(税法の用語。会計上の利益剰余金に当たる)を取り崩して株主、出資者に交付するとき、税法上はこれを配当とみなして取り扱う。減資・合併・解散などや利益積立金を資本金に組み入れる場合に発生する。「商法」や「企業会計原則」ではこうした例を配当とみなさないが、税法で配当と称するのは、税法が法人擬制説に立つことによると解されている。つまり、利益処分の項目のうち配当は直接、株主・出資者に渡るのに対して、利益積立金は一度、法人の内部留保とされるもの。その後、株主・出資者に改めて交付される場合は、配当と比べて“後払い”となるだけの違いで本質的には変わらないとみるわけである。したがって、二重課税を排除することをはかり、「法人税法」では、みなし配当についても益金不算入(利益として扱わない)の措置を講じ、「所得税法」でも配当控除として税額控除の扱いをする。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。