裁定取引

法人保険用語辞典

裁定取引

裁定取引とは

2つの商品の間に生じた一時的な価格関係の乖離を利用して、一組の売買取引を同時に行うことにより収益を確定する取引。代表的な例としては、債券の銘柄間の価格差やCD・ユーロ円現物間の金利差に着目した裁定取引等(現物間の裁定取引)のほか、債券の現物と先物との間の価格差を利用する「ベーシス取引」や異なる限月の先物間の価格差を利用する「スプレッド取引」等(先物取引を活用した裁定取引)が挙げられる。




あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。