自然利子率

法人保険用語辞典

自然利子率

自然利子率とは

金融市場の需給関係によって決まると考えられる貨幣利子率に対し、実物面すなわち貯蓄と投資とを等しくするような利子率を自然利子率という。スウェーデンの経済学者クヌート・ヴィクセルによって命名。貨幣利子率が自然利子率より低い場合には投資超過によるインフレが、逆に自然利子率より高い場合には投資不足によるデフレが発生し、貨幣利子率が自然利子率に一致しなければ経済は均衡しないとの考え方。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。