自己競落会社

法人保険用語辞典

自己競落会社

自己競落会社とは

金融機関が貸出金等の回収のために担保権を行使して担保不動産を競売に付す際に、競落によってそれを取得することを業務として設立される金融機関100%出資の子会社。こうした形でいったん競売手続きを経ることで、担保不動産に係る複雑な権利関係が整理されるため、金融機関による不良債権の処理を円滑に進めるための方策のひとつとして、1994年6月に解禁された。不動産不況の中で金融機関の抱える不良債権を処理するための一時的な特例措置との考え方から、業務期間(1994年7月から2004年6月までの10年間)、担保不動産を取得できる期間(設立後5年間)、取得した不動産の売却義務(原則5年以内の売却)等、一定の規制が課されている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。