脚注(foot note)

法人保険用語辞典

脚注(foot note)

脚注(foot note)とは

貸借対照表、損益計算書に注記し、それぞれの内容について簡潔に説明するもの。貸借対照表、損益計算書などは企業の利害関係者に対して企業の状況を知らせる役割を果たすが、その理解を深めるために脚注を記載して補足説明するものである。「商法」の「商法施行規則」および「企業会計原則」「財務諸表規則」あるいは「連結財務諸表原則」「連結財務諸表規則」、さらに「中間財務諸表表現規則」などにそれぞれ規定している。

たとえば、「商法施行規則」では、重要な会計方針のほか①貸借対照表の脚注として会計方針の変更、子会社・支配株主・取締役などに対する金銭債権、取立不能見込額、棚卸資産に対する評価方法の選択、有形固定資産の減価償却累計額、リース資産などをあげている。また、②損益計算書の脚注として、会計方針の変更、子会社や支配株主との取引高などをあげている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号