習熟性工学

法人保険用語辞典

習熟性工学

習熟性工学とは

同じ製品を繰り返して生産すれば、1回目よりも2回目、2回目よりも3回目といったように、回数が増えるにつれて工数は減り、製造原価は一定の比率で低下する。これは、作業者が仕事に慣れるせいもあるが、それだけではなく、生産方式だとか治工具が生産過程で改善されたり、設備が変更されるため。このように生産量が増えるにつれて工数が減っていくことを習熟現象と呼び、米国ではIEの一分野として研究が進められた。特に習熟曲線の研究が航空機産業に適用されてから習熟現象を表現するための数学モデルの開発が急ピッチで進み、いまでは習熟の初期や該期の現象を示すことができるモデルも生まれている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。