総資金利ざや

法人保険用語辞典

総資金利ざや

総資金利ざやとは

資金運用利回りから資金調達利回りを差し引いたものを利ざやといい、業務純益や運用資金残高等とともに、銀行の収益力を測る指標として利用される。このうち、銀行の主要な運用資金(貸出金、コールローン、証券運用)の平均利回りと調達資金(預金、借用金、コールマネー)の平均利回りの格差を総資金利ざやといい、銀行収益の全体的な動向を把握するのに利用される。利ざやには、このほかに「預貸金利ざや」等がある。低成長経済への移行や預金金利規制の撤廃等の金融自由化が進むにつれ、銀行の総資金利ざやは過去に比べ低下している。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。