総合援助制度

法人保険用語辞典

総合援助制度

総合援助制度とは

金融機関が経営危機に陥った際に、同業態の金融機関が再建資金を融資すること等を通じ、救済・支援を行う制度。

1955年以降、相互銀行(現在の第二地銀)、信用金庫、信用組合等で設立され、これまでに発動されたことがある。業態内の金融機関の脱落を防止することで業態全体の地位向上を図るのが目的。ただし、普通預金や長期信用銀行には総合援助制度はない。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。