粉飾決算(window dressing)

法人保険用語辞典

粉飾決算(window dressing)

粉飾決算(window dressing)とは

会社が決算を行う場合に、一般に公正・妥当とされる会計処理の原則、手続きに従うのが当然であるが、故意にこの原則、手続きに反する会計処理をして利益操作を行い、実際の利益異常に架空の利益を計上して社会をあざむくこと。

粉飾決算は、企業の実態悪を隠して一見したところ良好であるかのようにいつわるもので、これによって企業の信用を維持することをはかるものである。しかし、企業の利害関係者や一般社会は非常な迷惑を受けることになる。会社が一度粉飾を行うとその後は業績が急速に好転するという事態を除いて、毎決算期に粉飾を実施することを余儀なくされ、ついに続かなくなるわけで、会社にとって自殺行為とされている。

なお、粉飾決算の最高かつ最終の責任はいうまでもなく会社の経営者であるが、監査役あるいは法定監査制度が適用されている場合には会計監査人の責任も免れることはできない。また、会社の実態は好調であるにもかかわらず、これを隠して利益を抑えて計上する場合を逆粉飾決算という。粉飾、逆粉飾いずれの場合も、ディスクロージャーの観点から厳しく排しなければならない。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。