簿記(book keeping)

法人保険用語辞典

簿記(book keeping)

簿記(book keeping)とは

簿記とは、会計帳簿に記入することをいう。つまり、企業などの経済主体の行う営業活動に伴って発生する各種の取引を会計帳簿に記入することから始まり、これを処理して企業の財政状態の変化や経営成績の推移を表示することが可能となる。簿記は記帳の方式や技術などの相違によって単式簿記(大福帳、家計簿などのように単純に記入するだけのもの)と複式簿記とに分けられるが、うち貸借平均の原理に立脚した複式簿記が広く普及しており、帳簿組織の発達もあり、簿記といえば通常は複式簿記を指す。また簿記の種類として商業簿記、工業簿記、銀行簿記など業種の相違によって異なっており、このほか建設業、サービス業、農業などの場合に使用する簿記にも相違がみられる。なお、簿記に関する学問、つまり簿記学は会計学の支柱として枢要な役割を果たしている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。