管理職定年制

法人保険用語辞典

管理職定年制

管理職定年制とは

従業員の管理職在位期間を短縮するための1つの制度。部長は例えば53歳まで、課長は45歳までしかその職位を占めることはできず、それ以上の年齢になたら後進に道を譲るのが原則。組織の合理化と中高年の増大によって管理職のポストが不足している。そこで、管理職定年制を設けることによて、ポストの回転を速めようというねらいがある。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。