等価係数(equivalent coefficient)

法人保険用語辞典

等価係数(equivalent coefficient)

等価係数(equivalent coefficient)とは

等級別総合原価計算を行う際に製品を等級別に分けるのに用いられる。等価係数を算出するには、製品の品質を重視するのと原価要素別にみるのと二通りある。前者は各等級製品の重量、長さ、面積、純分度、熱量、硬度などから原価の発生と関連するものを選び、それに基づいて決めるもの。後者は原価要素あるいは原価要素グループと関連を持つもの、具体的には材料消費量、作業時間などによる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号