税務会計(tax accounting)

法人保険用語辞典

税務会計(tax accounting)

税務会計(tax accounting)とは

「法人税法」「租税特別措置法」では企業会計の確定決算によって得られた利益について加算(益金算入、損金不算入)したり、減算(益金不算入、損金算入)して、課税所得を算出することを定めている。

このような加算、減算についての計算過程は、「法人税法」に特有の考え方によって誘導されており、会社の確定決算による利益と課税所得とは食い違うわけである。こうした税務計算の原理や方式を税務会計という。税務会計の考え方は、会計実務にも浸透し、企業会計や「商法」などにも影響を与えてきていると解されている。ただし、税務会計という見方を否定する論者もみられる。

なお、広義では「法人税法」「租税特別措置法」のほかに「所得税法」などをも含め、これらの税法に基づいて課税所得を計算する場合に適用される会計手法や考え方をいう。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号