税効果会計(tax effect accounting)

法人保険用語辞典

税効果会計(tax effect accounting)

税効果会計(tax effect accounting)とは

法人税等の期間配分を適正に行うことをはかる会計。税引前の当期純利益と法人税等とは、通常は対応しない。これは企業会計上の収益・費用と課税所得計算上の益金・損金との認識の相違により、貸借対照表上の資産・負債の額(会計上の簿価)と課税所得計算上の資産・負債の額(税務上の簿価)が相違することによる。これを一時差異という。たとえば、有価証券について、有税で評価減を実施した場合をみると、貸借対照表上の資産は有税評価減した額だけ少なく表示されるが、課税所得計算上の資産の額は変わらない。このため両者の間に差額(一時差異)が発生する。このような一時差異に関わる税金の額を適切な会計期間に配分し、税引前の当期純利益と法人税等を合理的に対応させることをはかるのが税効果会計である。税効果会計の適用に伴い、貸借対照表には繰延税金資産、繰延税金負債が記載され、また損益計算書には法人税等調整額が計上される。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。