租税特別措置法

法人保険用語辞典

租税特別措置法

租税特別措置法とは

所得税、法人税、相続税、贈与税、登録免許税、酒税、消費税、摘発油税、地方道路税、自動車重量税、石油税、印紙税などの各税を軽減・免除したり、納税義務、課税標準、税額計算、徴収などについて特例を定めた法律。これらの特例は特定の政策目的を推進するためにとられるもので、たとえば貯蓄奨励、企業の内部留保、技術の振興、設備の近代化、資源開発、環境改善、地域開発などを促進するために措置が講じられる。租税特別措置法によって特別措置を講じると、その分だけ国の税収入が減るわけであるが、それにふさわしい効果が合理的に期待できることが大切な課題とされる。この特別措置の“見直し”がよく問題とされる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。