租税公課(taxes and public imposts)

法人保険用語辞典

租税公課(taxes and public imposts)

租税公課(taxes and public imposts)とは

企業が支払う各種の税金や公共的支出である配賦金などの総称。税金の種類によって財務諸表の表示は異なっている。

①法人税・住民税(都道府県民税、市町村民税)・事業税(利益に関連する金額を課税標準として課するもの)の場合には、損益計算書の終わりの方の税引前当期利益の次のところにその控除項目の形式で当期の法人税・住民税・事業税が記載される。また、その未納分は貸借対照表の負債の部の流動負債のところに未払法人税等として表示される。こうした処理は、法人税・住民税・事業税が企業の利益から支払われ、費用や原価を構成していないことによる。

②固定資産税、自動車税、印紙税などや賦課金などは、損益計算書あるいは製造原価明細書のなかに記載される。うち製造原価明細書で取り上げるのは、工場関係の固定資産税などや賦課金などで製造間接費の間接経費に含める。工場関係以外の企業全般の分は、損益計算書のなかの一般管理費として処理される。

③関税などのように資産の取得価額に算入されるものは表示されない。

④受取利子・配当に課される所得税は、法人税法の税額控除を受ける分は法人税に含める。

その他は営業外費用に表示する。狭義の租税公課は②の場合をいう。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号