社債の適債基準の撤廃

法人保険用語辞典

社債の適債基準の撤廃

社債の適債基準の撤廃とは

大蔵省が企業の起債をチェックするために設けていた基準。

適債基準には、純資産額や利益といった指標による「数値基準」と、格付けによる「格付け基準」の2種類があったが、1990年に「格付け基準」に一本化された。96年1月に撤廃されるまでは、この基準を満たす企業でないと社債を公募発行できなかった。

大蔵省は資本市場の国際化、成熟化を背景に適債基準の緩和を進めてきたが、96年1月に撤廃され、それ移行はBB(ダブルB)格の、いわゆるジャンク債等の発行も可能になり、ブラジル、メキシコなど相次いで低格付けの円建て外債を日本で発行している。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。