研究開発費(research and development costs)

法人保険用語辞典

研究開発費(research and development costs)

研究開発費(research and development costs)とは

研究開発に要した費用。「研究」とは、新しい知識の発見を目的として計画的な調査・探求をいう。「開発」とは新しい製品・サービス・生産方法について、または既存の製品等を著しく改良するために、研究の成果を具体化することをいう。

研究開発に要した費用は発生時に費用として処理する(平成10年3月、企業会計審議会、研究開発費等に係る会計基準)。このため、試験研究費は、従来、繰延資産としては処理することが認められていたが、これは廃止された。ただし、開発費は従来通り、繰延資産の扱いが認められている。これは同じく開発費といっても、研究開発費のうち開発に要した分と比べると中身が異なることによる。一方、「商法」では試験研究費、開発費はこれまでのように繰延資産として扱われる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。