相互主義(mutualism)

法人保険用語辞典

相互主義(mutualism)

相互主義(mutualism)とは

保険事業の経営は相互組織の団体を保険者として行うことが望ましいとする主義。つまり、第三者が営利を目的として資本を投下し保険者となって保険事業を行うのではなく、保険保護を必要とする人々が直接保険者たる団体を組織し、自分たちのために、保険事業を行うのが良いと考える主義である。

営利主義による保険事業にあっても、現代では、各種の規制が加えられているばかりでなく、相互主義による保険事業との競争にも耐えねばならず、他方、相互主義によるものも、現代では大規模な事業になりがちであり、大規模経営の場合には、相互組織によるものも現代的な株式組織によるものと実質的にはほとんど差異がみられない状態になっている。

すなわち、相互主義による経営の特徴たるメンバーによる自治やメンバー間の連帯感等は、大規模経営の相互保険事業ではほとんど消え失せてしまい、専門的な経営者による経営に委ねられ、かえって、株主によるチェック機能の不存在に基づくデメリットが問題とされることがあるほどである。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号