直接金融

法人保険用語辞典

直接金融

直接金融とは

最終的貸し手が最終的借り手の発行する本源的証券をそのままの形で購入することによって金融が行われる方法。通常は主として証券会社が貸し手と借り手との間に立って金融の仲介を行う。借り手が証券による資金調達を行う時、それを金融機関が引き受ければ、直接金融ではなく間接金融となる。日本では、かつては社債市場が未発達であったほか、1970年代後半以降の国債大量発行の中においても、金融機関が保有する割合が大きかったため、直接金融のウエートは穏やかな上昇にとどまっていた。しかし、最近では、金融自由化が進展する中、CPや社債の発行基準緩和等を通じ、企業の資金調達に占める直接割合が急速に上昇してきている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。