監査役(auditor)

法人保険用語辞典

監査役(auditor)

監査役(auditor)とは

企業の監査を任務とする機関。昭和49年3月の商法一部改正で監査役の権限が強化された。

その特徴の第1は資本金1億円を超える規模の企業については監査役に業務監査の権限を与えた(従来は会計監査だけ。また一部改正商法でも資本金1億円以下の企業の監査役は会計監査だけ)こと。

第2は従来1年の任期を2年に延長した。第3は取締役会に出席して意見を具申できるほか、取締役の不法行為については差し止めの要求ができる--などである。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。