発生主義(accrual basis)

法人保険用語辞典

発生主義(accrual basis)

発生主義(accrual basis)とは

商品が未完成で、注文主への引き渡しがすまなくても、一定の基準を設けて代金の一部を売り上げに計上する方法。例えば建設会社の請負工事は期間が長く、また代金も多額に上るので、これを実現主義でいくと損益は完成までの長い間、不確定のまま放置され、しかも完成後は一時に売り上げが膨張するという弊害が起こる。そこで工事の進行度合いに応じて適正に利益を見積り、計上することができる。この発生主義は企業会計上のもので、税法上、所得計算の原理として採用された発生主義とは違う。税務会計上の発生主義は、収入をもたらう権利の発生を利益と見なすものである。

現金主義とは異なり、現金の収入、支出と収益、費用の発生とを結び付けない。発生主義の考え方に対応して経過勘定や減価償却などが登場することになった。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。