異常危険準備金(contingency reserve)

法人保険用語辞典

異常危険準備金(contingency reserve)

異常危険準備金(contingency reserve)とは

損害保険会社の担保する危険が規則的に発生するときは、普通責任準備金の積立てのみで十分であるが、実際には危険発生の確率はきわめて不規則であり、地震、台風、大火等による異常災害が発生した場合には、普通責任準備金のみでは負担しきれないような巨額な保険金の支払を要すことがある。このような巨額な支払いに備えて損害保険会社が、毎決算期に保険種類ごとに収支保険料の一定割合を責任準備金の1つとして積み立てるものである。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。