産業連関分析(input output analysis)

法人保険用語辞典

産業連関分析(input output analysis)

産業連関分析(input output analysis)とは

近代経済学の分析方法。一国の経済を産業別にいくつかの部門に分け、最終需要が増えたとき、各産業、物資別にどのように波及するかについて一定期間に行われた経済取引を一つの表にまとめ(産業連関表)、それをもとに一国の経済の構造と相互依存関係などを明らかにしようというもの。それらの点が明らかになれば、経済変動の影響と経済政策の理論的基礎づけなども可能となる。

レオンチェフは企業、家計、政府などの間の財貨やサービスの流れをつかみ、一国の経済構造を分析した。このことから彼の名にちなみレオンチェフ分析と呼ぶこともある。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。