独占禁止法適用除外制度

法人保険用語辞典

独占禁止法適用除外制度

独占禁止法適用除外制度とは

独占禁止法により禁止される事業者や事業者団体の行為について、特定の分野・条件の下において、その適用を除外する制度である。独禁法自体や他の法律において、適用除外となる行為の具体的範囲および適用除外が許容されるための要件、手続き等が定められている。損害保険業に関しては保険業法等により、損害保険会社間の一定の共同行為について、適用除外制度を設けることにより、独禁法との調整が図られている。なお、保険業法で適用除外の範囲として定められた共同行為を行うには大蔵大臣の許可が必要であり、さらに大蔵大臣がこの許可をするに当たっては、事前に公正取引委員会の同意が必要とされている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。