特定取引勘定

法人保険用語辞典

特定取引勘定

特定取引勘定とは

金融機関が金利、通貨の価格や有価証券市場の相場などの変動を利用して、短期的な売買を繰り返して利益をあげることを目的として行う取引をトレーディング取引と呼んでいる。

この取引は、他の勘定と区別して、貸借対照表上、特定取引資産、特定取引負債の勘定で扱い、また損益計算書では特定取引収益、特定取引費用の勘定で処理する。有価証券の場合は、売買目的有価証券として時価評価する。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号