特別損益(extraordinary profit and loss)

法人保険用語辞典

特別損益(extraordinary profit and loss)

特別損益(extraordinary profit and loss)とは

損益計算書で企業の利益、損失のうち特別、臨時のものを指し、固定資産売却損益、前期損益修正額などがその代表例である。特別利益、特別損失の内容は、「企業会計原則」と「商法施行規則」とでは表現が異なる。

「原則」によると、①臨時損益(固定資産や投資有価証券の売却損益、災害による損失)、②前期損益修正(過年度における引当金や減価償却の過不足修正額、棚卸資産評価の訂正額、償却済み債権の取立額)――をあげる。これに対し「規則」では、①前期損益修正損益、②固定資産売却損益、③その他異常な利益または損失――としている。

また「財務諸表規則」でも規定している。いずれにせよ、このように「企業会計原則」「商法施行規則」などでは表現が異なっているが、実務上の取り扱いでは一致するのが通例である。これは特別利益、特別損失が本質的に非期間損益と称せられるものであり、一致するのがむしろ当然でもある。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。