準備預金制度

法人保険用語辞典

準備預金制度

準備預金制度とは

支払準備制度ともいう。銀行の預金残高の一定割合を、中央銀行に強制的に預けさせる制度。その割合を、預金準備率、または法定準備率等という。原理的には、預金準備率を上下させることにより、銀行の預金・貸出創出量をコントロールできるので、金融論の教科書等では、公定歩合政策や公開市場操作と並んで有力な金融政策手段の1つとされている例が多い。

しかし、実際にインフレ率やマクロの景気変動等に対応して、頻繁に預金準備率を変更している中央銀行は少なく、むしろ公開市場操作等による短期金融市場での金融調節のベースとなる、安定した準備預金需要を創り出すための手段であると考えられることが多くなっている。準備預金は通常無利子であるため、民間金融機関はできるだけ準備預金を少なくし、超過準備を保有しないようにするが、一方で準備預金残高は日々の決済需要等によっても変動するため、常に過不足が発生する。この過不足に対応した準備預金供給を調整することにより、中央銀行は短期金融市場金利を誘導してみる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。