減価償却(depreciation)

法人保険用語辞典

減価償却(depreciation)

減価償却(depreciation)とは

企業が使う器物や設備などは年々消耗するが、この価値の減る分(減価)を、毎期一定の計算方式によって費用として計上(償却)し、繰り越し価格を減らすこと。償却分は器物や設備が古くなったとき更新する資金に充てられる。減価償却の計算法には定額法(均等償却法ともいう)、定率法(逓減償却法ともいう)、生産高比例法(鉱山業や山林業などで主に利用される)などがある。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。