流動性選好理論

法人保険用語辞典

流動性選好理論

流動性選好理論とは

ケインジアンの金利決定理論の根底にある考え方で、金融資産の間の期待収益率の差は、それぞれの流動性の差に基づくとする。流動性の低い資産の期待収益率(債券利子率)が上昇すると流動性の高い資産(通貨)を保有することによる機会費用が高まり、その需要は減少する。つまり、通貨需要は債券利子率の減少関数であり、外生的に通貨供給が与えられれば、通貨の需要が均衡するように債券に利子率が決定される。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。