決算手続(closing procedures)

法人保険用語辞典

決算手続(closing procedures)

決算手続(closing procedures)とは

企業の決算を行う手続きで、①決算予備手続、②決算本手続、③決算報告書の作成の三つに分けられる。①決算予備手続は、最初に試算表を作成して元帳の記録が正確であることを調べ、次に棚卸表を作成して決算整理事項を整備する。②決算本手続きはまず棚卸表によって決算整理を行う。次に、利益・損失の勘定を損益勘定に振り替えて純損益を算出して資本勘定に振り替える。さらに資産、負債・資本の勘定を残高勘定に振り替える。終わりに、各帳簿を締め切る。③決算報告書の作成としては、損益勘定に基づいて損益計算書を、残高勘定によって貸借対照表を作成することになる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。